top of page
  • 執筆者の写真さと

「魔法のコトバ」スピッツ

更新日:2023年2月7日


名曲で溢れかえっているスピッツから、今回は「魔法のコトバ」を紹介します♪

「ハチミツとクローバー」という映画の主題歌になった、2006年発売の曲です。


この曲以上の名曲が、スピッツには幾つもあるんでしょうけどもね。

「ロビンソン」「チェリー」あたりのスピッツの名曲快進撃は、2000年手前あたりでいったん失速をします。彼らのやりたい音楽がちょっと変わった、という事情にすぎないのかもしれませんが、ファンの視点から見たとき、「メロディのキャッチーさがちょっと物足りないな」と悶々とする時期が少々続いただろうと思います。

そして、スピッツの新曲を逐一追いはしない人々は増えたでしょう。

そんな時期である2006年にリリースされたので、なかなかの名曲なのに知らない人もいるのでは?と思われるので、紹介したいのです(*'▽')


非常にスピッツらしい、さわやかかつシンプルな、そして美しいメロディのこの曲♪歌詞もさわかやですね。「ハチミツとクローバー」という少女漫画原作の映画のタイアップということで、意識的にさわやかなものを書き上げたのかなとは思いますが、やろうと思ったって簡単に出来る透明度ではなく、さすがはスピッツ!!


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コラム|「愛してる」の歌詞の歌は100万曲あっていい 笑

ちょっとコラム記事です(*'▽') あのですね、よく若い女性歌手が「愛してるー♪」というサビ歌詞の曲をリリースすると、「また愛してるかよ!つまんねぇ!」なんて批判の声が飛び交うじゃないですか? まぁ「ありきたりな曲ではつまらない」というリスナーの気持ちもわかるのですが、「音楽が何たるか」を考えたとき、「愛してる」と歌う歌詞は、アーティストの数だけ存在してよいのだと思います^^ (ポップス)音楽って

Comments


bottom of page