top of page
  • 執筆者の写真さと

fairy tale

fairy tale


昔からここにある不思議なカフェテラス 誰も知らない

見過ごすのは 僕らがいつもタイヤの上を踊ってるから


急げば急ぐほどに 遠ざかる灯火

飲みほしたティカップの 底から広がる


 おとぎの国の入り口に立ち 傷ついた日に別れを告げる

 光る泉に身を浮かべたら

 もう 消えていった 深く 深い傷


語り継がされてきた 信じ込まされてきた 物語たち

不都合すぎる真実(リアル)は この灰色の雨が洗い流した


止まない雨の中で ふやけた身体に

再び顔を出した陽は 眩しすぎる


 雨露光る黄金色い花の 揺れる鼓動で 見え隠れする

 口のきけない君の言葉を

 ふと この耳で聴いた 雨上がり


「いつまでもここで 君と笑ってたいなぁ…」

離れない様に寄り添いあって繋いだ この手を 引き裂くのは

悪魔じゃなく 天使の子…?

「サヨナラ…」


 甘い香りに幻想を見た 時間を持たないおとぎの国を

 だけど僕らは永遠じゃない

 そう 痛みと共に 生きていく

 君を 探しながら


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

谷の上の鷹は

谷の上の鷹は 谷底に突き落とされた獅子の子のごとく いつまでもイジけてばかりはいられないな 競争ばかりのこの社会 這い上がらないと生きてけない クビにならないために藻掻くんじゃなく どんな仕事だって 食っていけるように あぁ 視界は明るくなったが やることは益々増えちゃったよ どうしてくれるんだ! あぁ アイツはなぜに多才なんだ? いつもテキトーに流してきたことを もっと真剣にやりゃいいのか 才能

自己矛盾

誰かが不貞腐れた僕らをつまんで トラックの荷台に放り込んだ 「地球」という名前の 古びた乗り合い(ピックアップ)トラックだ それが優しさなのか厳しさなのか 誰もわかりやしない ヤツは無口なもんだから 何を考えてるか知らない 風に吹かれながら 暮れていく夕陽を見ている 冷静とも少し違う 疲れて声も出せないだけだ ごめんね 僕は待ち望んだ英雄じゃない 一介の旅人だ 旅人ですらないかもしれず 魂の色が何

言葉にならない

言葉にならない 内面を褒めてほしがっている 君の気持ちはわかるけど ついつい「可愛いね」って言っちゃうんだ 嘘を付けないもんでさ 内面を褒めてほしがっている 君の気持ちはわかっている その可愛らしさは 優しさがにじみ出ているんだ 最近悩みがあってさ! 聞いてくれるかい? 人生の宝探しに 次のステージがないんだ 飾らずに伝えたい 愛おしさを 今日も懲りずに 掠れずに歌いたい 愛おしさを 自分の言葉で

Comments


bottom of page