top of page
  • 執筆者の写真さと

通り雨

通り雨


通り雨のような君だ

どこからともなく現れて そして気がつけばいなくなった


悲しみは必要ないが 孤独は必要だ

それを埋める力学を 世界は起こそうとするだろう


 僕に帰る場所なんてないから だから君に出会えたんだよ

 触れなくても感じるぬくもり 真実の愛ってそういうもんだ


捨て猫のような君だ

嫌われ者のようでいて 人を強く惹きつけたりして


叫ばなくてもいいんだ それでも聞こえるよね

出会うべき人はそう多くないと 気づいたなら幸せ


 僕に帰る場所なんてないから だからここまで来れたんだよ

 古きを知って新しきを知る その繰り返しだから 人生は果てしない


嘘をつきたいなら絵描きになればいい

世界を美しく描いてばかりいたらいい


 僕に帰る場所なんてないから だから君に出会えたんだよ

 触れなくても感じるぬくもり 真実の愛ってそういうもんだ


 僕に帰る場所なんてないから だからここまで来れたんだよ

 留まるなら途端に老いる そして綿毛は飛び続ける


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

女神は問う

その剣がその手に 合ってるのはよくわかる この声に合った歌は 一体どこにあるのかしら? 芸術も冒険だ 何かを探して旅をする 「月並みな人生じゃイヤです」と そういえば神様に ねだったんだったわ あの物語の中で 私に似てるキャラは誰? 久しぶりに読み返すと 感じ方が変わってる 芸術も冒険だ 誰も家で満たされはしない 「月並みな装備では嫌です」と 英雄は言わずとも 名刀に導かれていく 夢の中で 女神は

街はきらめき

茶色い革のリュックを背負って どこにおでかけ しようかな 大人になった気分でいるのに 「かわいいね」って みんな頭をなでる ハンカチーフしか入ってないのはナイショ 何か見つけてくるからね 街はきらめき 私を誘う 色とりどりのポップカラーは 天使みたい 帽子がきらめき 私は驚く 昨日描いた絵にソックリなんだから! 厚いソールのシューズを合わせて 少し世界が 違って見える デザイナーになりたいなって呟

青春はあまりにも長く

落ち込むことにも飽きてしまったわ 青春は あまりにも長くて 遅咲きで良かったと 近頃は思うの 私の愛しい人は 神様が用意したのかしら それとも私が用意したのかしら あなたと恋して 自信が湧いたの まだあと百年そばにいてくれる? 恩返しに 時間がかかるんだもの! スポットライトを浴びたいわけじゃなくて 日がな歌っていたいだけ 話がかみ合わず 遊ぶのは疲れる 白い色をどう思う? 感じ方は変わるものなの

Comentarios


bottom of page