top of page
  • 執筆者の写真さと

100年前の景色を求めて

100年前の景色を求めて


ボロい宿を見つけてはワクワクしてしまう

これは一種の病気だろう

帰って笑い話にするつもりでも

新しいネタに追いやられ 忘れ去られていく


薄暗い廊下は いつもホコリ臭くて

電気のなかった時代への タイムマシンのよう


 いつも何か壊れているけれど それで何の問題がある?

 開き直られたら何も言えないな 100円しか払ってないし


鉄のヘビみたいな汽車が 長い胴体を揺らして停まる

ギヤァと音を立てて まるで怪獣だ

無賃乗車するつもりはないが

切符はどこで買うの? 僕はどの汽車なの?


薄暗いホームでシャーシャーと気を吐く

壊れてトラブル起こしてばかりの タイムマシンのよう


 いつも何か足りていないけれど それで何の問題がある?

 ヘビの怪獣に群がる人々 100円すら払ってないし


それは違うよ 1つ前の汽車だ

予定通り時間に遅れて 大勢を飲みこんでどこかへ行く


 いつも何か壊れているけれど それで何の問題がある?

 開き直られたら何も言えないな 100円しか払ってないし


 いつも何か足りていないけれど それにも慣れなくちゃな

 すきま風は思いのほか寒く ヘビとの闘いは続く


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

女神は問う

その剣がその手に 合ってるのはよくわかる この声に合った歌は 一体どこにあるのかしら? 芸術も冒険だ 何かを探して旅をする 「月並みな人生じゃイヤです」と そういえば神様に ねだったんだったわ あの物語の中で 私に似てるキャラは誰? 久しぶりに読み返すと 感じ方が変わってる 芸術も冒険だ 誰も家で満たされはしない 「月並みな装備では嫌です」と 英雄は言わずとも 名刀に導かれていく 夢の中で 女神は

街はきらめき

茶色い革のリュックを背負って どこにおでかけ しようかな 大人になった気分でいるのに 「かわいいね」って みんな頭をなでる ハンカチーフしか入ってないのはナイショ 何か見つけてくるからね 街はきらめき 私を誘う 色とりどりのポップカラーは 天使みたい 帽子がきらめき 私は驚く 昨日描いた絵にソックリなんだから! 厚いソールのシューズを合わせて 少し世界が 違って見える デザイナーになりたいなって呟

青春はあまりにも長く

落ち込むことにも飽きてしまったわ 青春は あまりにも長くて 遅咲きで良かったと 近頃は思うの 私の愛しい人は 神様が用意したのかしら それとも私が用意したのかしら あなたと恋して 自信が湧いたの まだあと百年そばにいてくれる? 恩返しに 時間がかかるんだもの! スポットライトを浴びたいわけじゃなくて 日がな歌っていたいだけ 話がかみ合わず 遊ぶのは疲れる 白い色をどう思う? 感じ方は変わるものなの

Comments


bottom of page