top of page
  • 執筆者の写真さと

見えないキズナ

見えないキズナ


運命に翻弄されて 順風満帆ではない人生

子供の頃からずっと 近くで遠くで 見守ってた


美人は美人なりに 複雑なしがらみ抱えて

その艶やかな頬を 濡らす夜もあるのだろう


 クラス替えに振り回される 子供たちの人付き合い

 校舎すら違う君に 話しかける口実もなく


同じ部活にいたって 遠い親戚のような距離感

それでもやっぱりずっと 近くで遠くで 見守ってた


いつしか顔色悪くして 休みがちになったその理由さえ

知ることが難しかった僕は 力になることも適わず


 衣替えに振り回される この国の人たちの移り気

 解放され笑顔取り戻す君に 話しかける必要もなく


君が話しかけたい僕になろうと そんなふうに思うけど

大きくはなれない

近くて遠いその距離で ただ君の幸せを願う


 時折り僕に見せる笑顔は あの頃と変わらなくて

 見えないキズナを握ってるなら それだけでもいい


 安らぎの場所が1つはあると 君は気づいてるのだろうか

 見えないキズナを握ってるなら それだけでもいい

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

女神は問う

その剣がその手に 合ってるのはよくわかる この声に合った歌は 一体どこにあるのかしら? 芸術も冒険だ 何かを探して旅をする 「月並みな人生じゃイヤです」と そういえば神様に ねだったんだったわ あの物語の中で 私に似てるキャラは誰? 久しぶりに読み返すと 感じ方が変わってる 芸術も冒険だ 誰も家で満たされはしない 「月並みな装備では嫌です」と 英雄は言わずとも 名刀に導かれていく 夢の中で 女神は

街はきらめき

茶色い革のリュックを背負って どこにおでかけ しようかな 大人になった気分でいるのに 「かわいいね」って みんな頭をなでる ハンカチーフしか入ってないのはナイショ 何か見つけてくるからね 街はきらめき 私を誘う 色とりどりのポップカラーは 天使みたい 帽子がきらめき 私は驚く 昨日描いた絵にソックリなんだから! 厚いソールのシューズを合わせて 少し世界が 違って見える デザイナーになりたいなって呟

青春はあまりにも長く

落ち込むことにも飽きてしまったわ 青春は あまりにも長くて 遅咲きで良かったと 近頃は思うの 私の愛しい人は 神様が用意したのかしら それとも私が用意したのかしら あなたと恋して 自信が湧いたの まだあと百年そばにいてくれる? 恩返しに 時間がかかるんだもの! スポットライトを浴びたいわけじゃなくて 日がな歌っていたいだけ 話がかみ合わず 遊ぶのは疲れる 白い色をどう思う? 感じ方は変わるものなの

Комментарии


bottom of page