top of page
  • 執筆者の写真さと

物語を書くためには

物語を書くためには


物語を書くことに憧れ 筆が進まないことに滅入る

可愛い友人を ネコ以外の動物で喩えたい


日記帳をミキサーにかけて気づく

私の人生は 書く物語を持ってないんだ


 いてもたってもいられなくなって

 だけど首輪の範囲しか走れない

 序章を突破するだけでも 骨が折れるものだ


たくさんの本を読んできたから 物語なら頭にある

類似品を書けばいいのに 出来ないのはなぜ?


当り障りのない話を書いて

作家を気取りたいわけじゃない…のかも


 いてもたってもいられなくなって

 だけど首輪の範囲しか走れない

 どうする?首輪を食いちぎれば 冒険が生まれるけれど


何かもっと大きな モチベーションが要るのだろうか

長い文を書くには 冒険をするには

穏やかなつつがない暮らしを愛してはだめなの?


 居ても居なくてもいい自分は

 ときに冒険の起爆剤(ブースト)になる

 愛する人たちを説得して 自分を奮い立たせて


 いてもたってもいられなくなって

 いつもより遠くまで飛ぶんだ

 物語を書くためには 野性味が必要なのかもしれない


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

女神は問う

その剣がその手に 合ってるのはよくわかる この声に合った歌は 一体どこにあるのかしら? 芸術も冒険だ 何かを探して旅をする 「月並みな人生じゃイヤです」と そういえば神様に ねだったんだったわ あの物語の中で 私に似てるキャラは誰? 久しぶりに読み返すと 感じ方が変わってる 芸術も冒険だ 誰も家で満たされはしない 「月並みな装備では嫌です」と 英雄は言わずとも 名刀に導かれていく 夢の中で 女神は

街はきらめき

茶色い革のリュックを背負って どこにおでかけ しようかな 大人になった気分でいるのに 「かわいいね」って みんな頭をなでる ハンカチーフしか入ってないのはナイショ 何か見つけてくるからね 街はきらめき 私を誘う 色とりどりのポップカラーは 天使みたい 帽子がきらめき 私は驚く 昨日描いた絵にソックリなんだから! 厚いソールのシューズを合わせて 少し世界が 違って見える デザイナーになりたいなって呟

青春はあまりにも長く

落ち込むことにも飽きてしまったわ 青春は あまりにも長くて 遅咲きで良かったと 近頃は思うの 私の愛しい人は 神様が用意したのかしら それとも私が用意したのかしら あなたと恋して 自信が湧いたの まだあと百年そばにいてくれる? 恩返しに 時間がかかるんだもの! スポットライトを浴びたいわけじゃなくて 日がな歌っていたいだけ 話がかみ合わず 遊ぶのは疲れる 白い色をどう思う? 感じ方は変わるものなの

Comments


bottom of page