top of page
  • 執筆者の写真さと

湖のほとり

湖のほとり


あの日 青い海を眺めながら ぼんやりと考えていた

寄せては返す海の波は 鎮まることがあるのだろうか


荒波を求める人たちもいるのなら

僕は一人 湖のほとりを目指せばいいのだろう


 絵画のように 静かな風景の中で暮らしたい

 動くのは木々の梢と 草をはむヤギだけ


あの日 青い海を眺めながら ぼんやりと考えていた

寄せては返す海の波は この惑星の象徴だ


人々の興奮が 鎮まるときが来ようとも

波はときに荒れ狂い 海風と戯れるのだろう


 絵画のように 静かな風景の中で暮らしたい

 早朝に起きて 浜辺の散歩に繰り出そう


ママの織った布 巻きスカートにして

乳しぼりとか 手伝うのかな

ニワトリより早く起きる自信は ナイけれど


 絵画のように 静かな風景の中で暮らしたい

 動くのは木々の梢と 草をはむヤギだけ

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

女神は問う

その剣がその手に 合ってるのはよくわかる この声に合った歌は 一体どこにあるのかしら? 芸術も冒険だ 何かを探して旅をする 「月並みな人生じゃイヤです」と そういえば神様に ねだったんだったわ あの物語の中で 私に似てるキャラは誰? 久しぶりに読み返すと 感じ方が変わってる 芸術も冒険だ 誰も家で満たされはしない 「月並みな装備では嫌です」と 英雄は言わずとも 名刀に導かれていく 夢の中で 女神は

街はきらめき

茶色い革のリュックを背負って どこにおでかけ しようかな 大人になった気分でいるのに 「かわいいね」って みんな頭をなでる ハンカチーフしか入ってないのはナイショ 何か見つけてくるからね 街はきらめき 私を誘う 色とりどりのポップカラーは 天使みたい 帽子がきらめき 私は驚く 昨日描いた絵にソックリなんだから! 厚いソールのシューズを合わせて 少し世界が 違って見える デザイナーになりたいなって呟

青春はあまりにも長く

落ち込むことにも飽きてしまったわ 青春は あまりにも長くて 遅咲きで良かったと 近頃は思うの 私の愛しい人は 神様が用意したのかしら それとも私が用意したのかしら あなたと恋して 自信が湧いたの まだあと百年そばにいてくれる? 恩返しに 時間がかかるんだもの! スポットライトを浴びたいわけじゃなくて 日がな歌っていたいだけ 話がかみ合わず 遊ぶのは疲れる 白い色をどう思う? 感じ方は変わるものなの

Comments


bottom of page