top of page
  • 執筆者の写真さと

マグカップ

マグカップ


君にあげたマグカップ どんな柄だったか 

実は僕 ぜんぜん覚えてないんだ

ささやかに好意を伝えたくて

のぼせながら 雑貨屋巡った その緊張だけを覚えてる


僕の好意など君は すぐに忘れてしまったのだろう

忘れたふりをして 呑気に暮らしてたかったのだろう


 それでいいんだよ ただ君の幸せを願う

 隣で手をつないでいるのが 僕じゃなくても

 ・・・そう心から言い切れる 僕になりたかった


誰とも手をつないでいるふうもない その後の君だった

みんなが君に恋してるのに どの手もつかまないのかい

にぎやかに愛されるのはどんな気持ちなのか

色々 面倒くさいことも あったりするのかしら


人の好意など君は 気にしないようにしてるのだろう

誰もがみんな笑顔でいるために 平和のために


 それもいいかもね ただ君の幸せを願う

 恋を叶えることが 幸せともかぎらない

 あちこちの恋愛映画に 駆り出されるのもくたびれる


「あなたからもらったマグカップ 今でも使ってるんだよ」

不意に言ったその言葉で 頭か胸か 稲光走る

君はいつもココア飲むたびに あの頃のこと 思い出すのかな


 ただ君の幸せを ただ君の幸せを願う

 隣で手をつないでいるのが 僕じゃなくても

 ・・・そう心から言い切れる 僕になりたい


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

女神は問う

その剣がその手に 合ってるのはよくわかる この声に合った歌は 一体どこにあるのかしら? 芸術も冒険だ 何かを探して旅をする 「月並みな人生じゃイヤです」と そういえば神様に ねだったんだったわ あの物語の中で 私に似てるキャラは誰? 久しぶりに読み返すと 感じ方が変わってる 芸術も冒険だ 誰も家で満たされはしない 「月並みな装備では嫌です」と 英雄は言わずとも 名刀に導かれていく 夢の中で 女神は

街はきらめき

茶色い革のリュックを背負って どこにおでかけ しようかな 大人になった気分でいるのに 「かわいいね」って みんな頭をなでる ハンカチーフしか入ってないのはナイショ 何か見つけてくるからね 街はきらめき 私を誘う 色とりどりのポップカラーは 天使みたい 帽子がきらめき 私は驚く 昨日描いた絵にソックリなんだから! 厚いソールのシューズを合わせて 少し世界が 違って見える デザイナーになりたいなって呟

青春はあまりにも長く

落ち込むことにも飽きてしまったわ 青春は あまりにも長くて 遅咲きで良かったと 近頃は思うの 私の愛しい人は 神様が用意したのかしら それとも私が用意したのかしら あなたと恋して 自信が湧いたの まだあと百年そばにいてくれる? 恩返しに 時間がかかるんだもの! スポットライトを浴びたいわけじゃなくて 日がな歌っていたいだけ 話がかみ合わず 遊ぶのは疲れる 白い色をどう思う? 感じ方は変わるものなの

Comments


bottom of page