top of page
  • 執筆者の写真さと

ALIVE

ALIVE


争う人々 どうでもいい 住む世界が違うみたい

家にこもるのだって 革命の手段の1つだ

やり切ったあとの 虚しさを どう呼ぶかはそれぞれで

理解者がいないのなら 家にこもるのも正解じゃない


逃げるのはつまらないが さすらうのは悪くない

旅する人はそこで 何かを見つけるだろう


 生きるよ 生き抜くよ僕は 世界が色あせても

 生きるよ 生き抜くよ僕は 世界は色あせてるが

 荒野の花がどんなに美しいか それを知ってるから


そこが楽園だったのは 誰もいない場所にきづいたからさ

にぎわう場所を追いかけるなら 楽園にたどりつけはしない


すべてを満たせはしないが 幸福にはなれる

欲しいものがないなら また歩き出せばいい


 生きるよ 生き抜くよ僕は 世界の闇が深くても

 生きるよ 生き抜くよ僕は 世界の闇が深いけど

 僻地の月がどんなに明るいか それを知ってるから


悲しいことなんて すぐに忘れてしまったほうがいいんだよ

いつまでも思い返すなんて そんなの白髪を増やすだけだ


 生きるよ 生き抜くよ僕は 世界が冷たくなっても

 生きるよ 生き抜くよ僕は 世界が冷え切ってしまったが

 1つの種がどんなに茂るか それを知ってるから

 それに生かされたから


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

女神は問う

その剣がその手に 合ってるのはよくわかる この声に合った歌は 一体どこにあるのかしら? 芸術も冒険だ 何かを探して旅をする 「月並みな人生じゃイヤです」と そういえば神様に ねだったんだったわ あの物語の中で 私に似てるキャラは誰? 久しぶりに読み返すと 感じ方が変わってる 芸術も冒険だ 誰も家で満たされはしない 「月並みな装備では嫌です」と 英雄は言わずとも 名刀に導かれていく 夢の中で 女神は

街はきらめき

茶色い革のリュックを背負って どこにおでかけ しようかな 大人になった気分でいるのに 「かわいいね」って みんな頭をなでる ハンカチーフしか入ってないのはナイショ 何か見つけてくるからね 街はきらめき 私を誘う 色とりどりのポップカラーは 天使みたい 帽子がきらめき 私は驚く 昨日描いた絵にソックリなんだから! 厚いソールのシューズを合わせて 少し世界が 違って見える デザイナーになりたいなって呟

青春はあまりにも長く

落ち込むことにも飽きてしまったわ 青春は あまりにも長くて 遅咲きで良かったと 近頃は思うの 私の愛しい人は 神様が用意したのかしら それとも私が用意したのかしら あなたと恋して 自信が湧いたの まだあと百年そばにいてくれる? 恩返しに 時間がかかるんだもの! スポットライトを浴びたいわけじゃなくて 日がな歌っていたいだけ 話がかみ合わず 遊ぶのは疲れる 白い色をどう思う? 感じ方は変わるものなの

Comments


bottom of page