top of page
  • 執筆者の写真さと

記憶喪失のような感覚

記憶喪失のような感覚


「いつの間にか私ここにいたの」 と

君はフシギなことを言った

「寝ずに患者の手当をしていた

 ・・・夢を見たことは覚えている」


「歌を歌いたかった 可愛い小鳥のような声で」


 「ラララララ…

  何を歌うべきか 今はわからない」


「人を癒すすべを探して 葛藤した十代

 歌は生計(おかね)にはならないと思った

 歌いたい歌がたくさんあった

 ・・・夢を見てたことは覚えている」


「歌を歌いたかった 可愛いあの子たちのように」


 「ラララララ…

  何を求められるのか 今はわからない」


「私の羽根は どうしてこんなに 綺麗な色をしてるのかしら」


 「ラララララ…

  何を歌うべきか」


 「ラララララ…

  何を求められるのか」


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

谷の上の鷹は

谷の上の鷹は 谷底に突き落とされた獅子の子のごとく いつまでもイジけてばかりはいられないな 競争ばかりのこの社会 這い上がらないと生きてけない クビにならないために藻掻くんじゃなく どんな仕事だって 食っていけるように あぁ 視界は明るくなったが やることは益々増えちゃったよ どうしてくれるんだ! あぁ アイツはなぜに多才なんだ? いつもテキトーに流してきたことを もっと真剣にやりゃいいのか 才能

自己矛盾

誰かが不貞腐れた僕らをつまんで トラックの荷台に放り込んだ 「地球」という名前の 古びた乗り合い(ピックアップ)トラックだ それが優しさなのか厳しさなのか 誰もわかりやしない ヤツは無口なもんだから 何を考えてるか知らない 風に吹かれながら 暮れていく夕陽を見ている 冷静とも少し違う 疲れて声も出せないだけだ ごめんね 僕は待ち望んだ英雄じゃない 一介の旅人だ 旅人ですらないかもしれず 魂の色が何

言葉にならない

言葉にならない 内面を褒めてほしがっている 君の気持ちはわかるけど ついつい「可愛いね」って言っちゃうんだ 嘘を付けないもんでさ 内面を褒めてほしがっている 君の気持ちはわかっている その可愛らしさは 優しさがにじみ出ているんだ 最近悩みがあってさ! 聞いてくれるかい? 人生の宝探しに 次のステージがないんだ 飾らずに伝えたい 愛おしさを 今日も懲りずに 掠れずに歌いたい 愛おしさを 自分の言葉で

コメント


bottom of page