top of page
  • 執筆者の写真さと

汗ばむほど部屋を暑くして それでアイスを食べるだろ 

汗ばむほど部屋を暑くして それでアイスを食べるだろ  


汗ばむほど部屋を暑くして それでアイスを食べるだろ

「君とは暮らせないな」って 僕は思ったんだ

だって なにかと生活費が掛かりすぎるだろうから


相性なんて 結構カンタンにわかるもんだよ


 ギリギリ誤魔化して それで満足なのか

 楽観的な君が羨ましいな

 余力を残して 涼しくクリアする

 僕はそれくらいレベル上げしてから行く

 翌日ぶっ倒れて ママを困らせたくはないので


「些細なことには目をつむるのが 夫婦円満の秘訣です」

「円満」になりはしないなって 僕は思ったんだ

100点を知らない人たちが 70点で喜んでるだけ


雑誌なんて 結婚したいなら閉じたほうがいいよ


 切り貼り誤魔化して 家族以外は欺く

 楽観的な君が羨ましいな

 その人が欲しければ欲しいほど

 欺いても仕方ないんじゃないのか

 いずれ家族になって 険悪になってしまうんだから


それって「君」の実力なんだろうか?

たかが課題1つに ママもばぁばも総動員じゃないか


 ギリギリ誤魔化して それで満足なのか

 スリルが楽しいのもわかる

 僕だって時には 見切り発車で飛びだす

 レベル5であの塔攻略したことだってある

 だけどそれが正しいとも思わない


 切り貼り誤魔化して 家族以外は欺く

 「本当は面倒くさがりだよ」が免罪符

 弱さをさらけ出すことはもう美徳じゃないな

 正直であることよりも

 自分の皿くらい自分で洗ってほしいんだ


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

谷の上の鷹は

谷の上の鷹は 谷底に突き落とされた獅子の子のごとく いつまでもイジけてばかりはいられないな 競争ばかりのこの社会 這い上がらないと生きてけない クビにならないために藻掻くんじゃなく どんな仕事だって 食っていけるように あぁ 視界は明るくなったが やることは益々増えちゃったよ どうしてくれるんだ! あぁ アイツはなぜに多才なんだ? いつもテキトーに流してきたことを もっと真剣にやりゃいいのか 才能

自己矛盾

誰かが不貞腐れた僕らをつまんで トラックの荷台に放り込んだ 「地球」という名前の 古びた乗り合い(ピックアップ)トラックだ それが優しさなのか厳しさなのか 誰もわかりやしない ヤツは無口なもんだから 何を考えてるか知らない 風に吹かれながら 暮れていく夕陽を見ている 冷静とも少し違う 疲れて声も出せないだけだ ごめんね 僕は待ち望んだ英雄じゃない 一介の旅人だ 旅人ですらないかもしれず 魂の色が何

言葉にならない

言葉にならない 内面を褒めてほしがっている 君の気持ちはわかるけど ついつい「可愛いね」って言っちゃうんだ 嘘を付けないもんでさ 内面を褒めてほしがっている 君の気持ちはわかっている その可愛らしさは 優しさがにじみ出ているんだ 最近悩みがあってさ! 聞いてくれるかい? 人生の宝探しに 次のステージがないんだ 飾らずに伝えたい 愛おしさを 今日も懲りずに 掠れずに歌いたい 愛おしさを 自分の言葉で

Comments


bottom of page