top of page
  • 執筆者の写真さと

「Tears In Heaven」Eric Clapton


洋楽オールディーズの流れを汲んだ、メロディアスでアコースティックな、正統派な名曲です!エリック・クラプトンの「Tears In Heaven」。92年の発表です。

幼くして命を落としてしまった息子への哀悼の曲で、悲しいパッションを持つ曲です。

しかし聴く人の印象としては、悲しいというよりも切ないメロディアスな曲で、音楽の素晴らしさを思い知らされますね!


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コラム|「愛してる」の歌詞の歌は100万曲あっていい 笑

ちょっとコラム記事です(*'▽') あのですね、よく若い女性歌手が「愛してるー♪」というサビ歌詞の曲をリリースすると、「また愛してるかよ!つまんねぇ!」なんて批判の声が飛び交うじゃないですか? まぁ「ありきたりな曲ではつまらない」というリスナーの気持ちもわかるのですが、「音楽が何たるか」を考えたとき、「愛してる」と歌う歌詞は、アーティストの数だけ存在してよいのだと思います^^ (ポップス)音楽って

Comments


bottom of page