top of page
  • 執筆者の写真さと

「Tears In Heaven」エリック・クラプトン


Eric Claptonの「Tears In Heaven」。

泣ける美メロですが、創作の逸話を知るとさらに泣けてしまいます!

エリック・クラプトンは、わが子を4歳にして亡くしてしまうんですね。その悲しみを歌ったのが、この「Tears In Heaven」なのです。


90年代前半のリリースなので、オールディーズとは言えないですね。


エリック・クラプトンは、「change the world」という曲で90年代半ばの日本ですごく有名になりました。「change the world」も良い曲なんですけど、「Tears In Heaven」のほうが美メロだと思いますね♪


歌詞のテイストからすると、フォークソングに該当すると思います。

フォークソングというと、古臭くて物悲しいイメージのものなんじゃないかと思うんですが、西洋人のセンスある人が作曲するとこんなオシャレな曲になっちゃうんですね(*◕ᴗ◕*)


#90年代

#エリック・クラプトン

閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コラム|「愛してる」の歌詞の歌は100万曲あっていい 笑

ちょっとコラム記事です(*'▽') あのですね、よく若い女性歌手が「愛してるー♪」というサビ歌詞の曲をリリースすると、「また愛してるかよ!つまんねぇ!」なんて批判の声が飛び交うじゃないですか? まぁ「ありきたりな曲ではつまらない」というリスナーの気持ちもわかるのですが、「音楽が何たるか」を考えたとき、「愛してる」と歌う歌詞は、アーティストの数だけ存在してよいのだと思います^^ (ポップス)音楽って

コメント


bottom of page