top of page
  • 執筆者の写真さと

「黄金の月 」スガ シカオ


知る人ぞ知る伝説の名曲!スガシカオの「黄金の月」です。

97年頃に発表された曲だと思いますが、いかにも90年代ぽいスモーキーなポップスですね♪

この曲はフシギです!歌詞を眺めると、暗いフレーズばかり並んでいる・・・。しかし、なぜか曲として聴くと、力強く感じるんです。切なくも力強い。

「黄金の月」というタイトルと、歌詞後半の「そして夜空に 黄金の月を描こう ぼくにできるだけの光を集めて」というフレーズに、すべてを持っていかれてしまうような感があります。 スガシカオは天才です!

天才ゆえに、色んな曲を作ろうとするので、結果、多くの曲は少々トガりすぎてしまう印象です。ポップスじゃなくなっちゃう、というんでしょうかね。歌詞においてもすさまじいセンスを持ちますが、エロスを隠さないのとナイーヴになりすぎるきらいがあり、彼の曲すべてを好む人は少ないかもしれません。

この人は、マイルドな曲を作るほうがポップスとして上質に仕上がりますね。

おそらく、月9ドラマや国民的アニメみたいな大きなタイアップを与えて「この曲は大勢の人が聴くんだからね!」とプレッシャーをかけると、神曲を生んできます!

曲によって振り幅が大きいので、扱いづらいアーティストではありますが、名曲をかいつまんでプレイリストを作ってみると、「この人すごすぎじゃね!?」ということになります(*'▽')

アルバム単位で聴くなら、初期の頃のがオススメです。『Clover』『FAMILY』あたりですね。

歌詞が少々暗いですが、曲として聴くとあまり気にならないと思います。


若い人は「スガシカオって誰?」という人も多いかもしれませんが、スマップの「夜空ノムコウ」の作詞をした人、と言えばわかるのでは?

「夜空ノムコウ好き!」という人は、『Clover』『FAMILY』あたり、オススメです♪


余計なお世話かもしれませんが、この曲はミュージックビデオを作り直したほうが良い気がします 笑 この人はサングラス掛けたほうが様になりますね^^

#90年代

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コラム|「愛してる」の歌詞の歌は100万曲あっていい 笑

ちょっとコラム記事です(*'▽') あのですね、よく若い女性歌手が「愛してるー♪」というサビ歌詞の曲をリリースすると、「また愛してるかよ!つまんねぇ!」なんて批判の声が飛び交うじゃないですか? まぁ「ありきたりな曲ではつまらない」というリスナーの気持ちもわかるのですが、「音楽が何たるか」を考えたとき、「愛してる」と歌う歌詞は、アーティストの数だけ存在してよいのだと思います^^ (ポップス)音楽って

Comments


bottom of page