top of page
  • 執筆者の写真さと

「風に吹かれて」福原遥


近年ではあまり見かけない、マイラバ的なさわやかな曲です^^

福原遥さんの「風に吹かれて」。

私はYoutubeのザッピングの最中でこの曲を見つけましたが、「かぐや様は告らせたい?」というアニメの主題歌だそうで、アニメ経由で知った若い人も多そうですね。


この曲がすごい名曲かと問えば、そうとも言い切れないです。

先に長所から述べるとすれば、「こういうさわやかな曲を、少女性あふれる福原遥さんの声に乗せたのは正解!」ということですね。そしてこういうポップスが、定期的にリリースされているべきです。


欠点を言えば、「作曲が、特に作詞が雑だなぁ」という印象を受けてしまいます。

サビを聴いていると、女の子が歌うことを前提に書きはじめた雰囲気があるんですが、しかしAメロにさかのぼると、一人称が「僕」なんですよね。

そして、これが男の子視点の歌だとすると、ちょっと主人公が軟弱すぎる感があり、感動できません・・・。

また、二人称に「君」と「あなた」が両方出てきちゃうのはマズいですね・・・。


そして、曲の中にどこにも間奏がなく、歌い手さんに休息の暇がないのが、かわいそうだなと思います。2番はすぐ始まってしまうし、大サビの前の後も間奏がないんですよね。

Bメロの譜割りの雑さも、歌い手さんのことが配慮できておらず、雑だなと感じます。


曲全体の雰囲気はとても良いんですけど、もっと丁寧に作り込んでほしかったですね・・・。

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コラム|「愛してる」の歌詞の歌は100万曲あっていい 笑

ちょっとコラム記事です(*'▽') あのですね、よく若い女性歌手が「愛してるー♪」というサビ歌詞の曲をリリースすると、「また愛してるかよ!つまんねぇ!」なんて批判の声が飛び交うじゃないですか? まぁ「ありきたりな曲ではつまらない」というリスナーの気持ちもわかるのですが、「音楽が何たるか」を考えたとき、「愛してる」と歌う歌詞は、アーティストの数だけ存在してよいのだと思います^^ (ポップス)音楽って

टिप्पणियां


bottom of page