top of page
  • 執筆者の写真さと

「笑顔」いきものがかり


いきものがかりは名曲がいっぱいあります!!どれから紹介しようか迷いますが、とりあえず「笑顔」を(*'▽')

非常に「アコギ弾き語り」っぽい曲と言えます。ある意味では「つまらない」と感じる人も少なくないかもしれませんが、その「アコギ弾き語り」っぽいポップスとして、シンプルながらも完成度が素晴らしいです!

よくこんなシンプルでキャッチーなメロディが2013年まで残っていたな!とビックリしてしまいますΣ(゚□゚︎`)


十数年にも及ぶアイドル全盛の時代を経て、2017年くらいからは、またぼちぼちシンガーソングライターが台頭してきました。男女大勢の弾き語り系シンガーがチャートやYoutubeを賑わせるようになりましたが、正直「名曲!」と興奮させられる曲はほとんどないです・・・

近年のシンガーソングライターに共通する特徴として、「歌詞が暗い」というのを感じます。ナイーヴさを帯びる、というのは悪いことではなく、それはシンガーソングライターたちの1つの使命でもあります。しかし、近年のシンガーソングライターは、「ナイーヴ」というよりも「暗い」し、自殺願望を匂わせ過ぎていたり、または「演歌のような暗さ」が多いんですよね・・・。 「シンガーソングライターになりたい」と志すなら、まずいきものがかりのベスト盤を聴いてみるべきです!「何が必要か」「ポップスとはどうあるべきか」ということが、わかると思います(*'▽')

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コラム|「愛してる」の歌詞の歌は100万曲あっていい 笑

ちょっとコラム記事です(*'▽') あのですね、よく若い女性歌手が「愛してるー♪」というサビ歌詞の曲をリリースすると、「また愛してるかよ!つまんねぇ!」なんて批判の声が飛び交うじゃないですか? まぁ「ありきたりな曲ではつまらない」というリスナーの気持ちもわかるのですが、「音楽が何たるか」を考えたとき、「愛してる」と歌う歌詞は、アーティストの数だけ存在してよいのだと思います^^ (ポップス)音楽って

Comments


bottom of page