top of page
  • 執筆者の写真さと

「愛のことば」スピッツ


スピッツのボーカル草野マサムネさんは、美メロを紡ぐセンスにおいては世界一かもしれません!

スピッツには名曲がめちゃくちゃ多いです!

草野マサムネさんの歌声については、好き嫌いが分かれるでしょう。しかし、「彼のメロディセンスはスゴい!」という感想は一致していないとまずいです。いえ、リスナー立場の人においては、好み違いがあってよいでしょう。しかしもし、あなたが音楽を作っていきたいと考えているなら、「スピッツ=美メロメーカー」ということがわからないとなると「名曲!」と大勢の人をウットリさせるような曲を作るのはムリですね・・・

「美メロ!」と人をうならせる要素は幾つかあるんですけど、草野マサムネさんはそのすべてのテクニックを使いこなせます。あとは曲に応じて使い分けているだけですね。


歌詞についても草野マサムネさんは特筆すべき天才ですが、歌詞について論じるとものすごく長くなってしまうので、今回は割愛します。


「スピッツは名曲が多い」というのは、ある程度浸透していることだと思います。

しかし、若い世代の人などはベストアルバムを聴いただけ、なんて人も多いかもしれませんね。

スピッツは、シングルになっていないアルバム曲の中にも名曲が多いんです♪今回はアルバム曲の中から「愛のことば」をご紹介(*'▽')

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コラム|「愛してる」の歌詞の歌は100万曲あっていい 笑

ちょっとコラム記事です(*'▽') あのですね、よく若い女性歌手が「愛してるー♪」というサビ歌詞の曲をリリースすると、「また愛してるかよ!つまんねぇ!」なんて批判の声が飛び交うじゃないですか? まぁ「ありきたりな曲ではつまらない」というリスナーの気持ちもわかるのですが、「音楽が何たるか」を考えたとき、「愛してる」と歌う歌詞は、アーティストの数だけ存在してよいのだと思います^^ (ポップス)音楽って

Comments


bottom of page