top of page
  • 執筆者の写真さと

「希望の轍」サザンオールスターズ


サザンオールスターズを、「下品でやかましいだけのバンド」と思っていませんか!?

たしかにサザンは下品な曲が多かったりするんですが、下品なだけのバンドではないんです!

桑田佳祐という人も音楽の天才で、非常に様々なテイストの曲を書きます。そしてメロディセンスも天才的な人で、「ちょっと本気で名曲書きますからね」というモードに入ると、あっさりと100万枚売れそうな美メロ名曲を書き上げてしまいます(≧∇≦)

「希望の轍(わだち)」は、ミスチルっぽい雰囲気のある、カッコいいロックなポップス。1990年のリリースで少々古く、また、アルバム曲であったためにCDランキングなどで目にすることがなく、「隠れた名曲」な感がありますね。

#90年代




閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コラム|「愛してる」の歌詞の歌は100万曲あっていい 笑

ちょっとコラム記事です(*'▽') あのですね、よく若い女性歌手が「愛してるー♪」というサビ歌詞の曲をリリースすると、「また愛してるかよ!つまんねぇ!」なんて批判の声が飛び交うじゃないですか? まぁ「ありきたりな曲ではつまらない」というリスナーの気持ちもわかるのですが、「音楽が何たるか」を考えたとき、「愛してる」と歌う歌詞は、アーティストの数だけ存在してよいのだと思います^^ (ポップス)音楽って

Comments


bottom of page